妊活には基礎体温計がかかせない

妊活には基礎体温計がかかせない

 

妊活をすると決めてからまずはじめるのは、基礎体温の記録ではないでしょうか。

 

まず、不慣れながらも基礎体温を記録していくって、始めは楽しみでやっていけるけど、これが1年、2年となると、とても面倒になってきます。

 

でも、記録しなくてはいけない・・・

 

そして、不妊治療の場合は、これを婦人科の先生に見せなければなりません。長くなればなるほど、この作業が単調でほんとにこれで妊娠できるの?って疑心暗鬼にもなてきます。

 

そこで、毎日使う体温計選びはとても重要となってきます。

 

基礎体温は毎日決まった時間に図ル必要があります。

 

しかも朝おきてからすぐ図る事が多いので、枕元にいつも用意しておかなくてはいけないですよね。

 

体温計は体温を記録するだけでなく、そのデータを元にして次の妊娠に備えるものなので、

 

1ヶ月単位で比較できるように記録する必要があるので、検温と記録、データ比較が簡単にできるものを用意するといいと思います。

 

仕事をしながらの妊活はスケジューリングも大切

 

仕事をしながらの妊活ってなかなか大変ですよね。

 

男女とも仕事をしていればなおさら余裕が少ないことでしょう。

 

結婚して1-2年目頃までは、自然に任せて夫婦生活を楽しんだ方がいいと考えているご夫婦はとてもおおいです。そして、妊娠までできればそれにこした事はないですものね。

 

でも、それをすぎても妊娠の兆候が現れない場合、不妊治療をするかしないかの決断にせまられます。

 

その決断をするのには、夫婦揃って、仕事を休み、婦人科にアポを取る必要もでてきます。

 

朝起きて、体温を図り、1ヶ月のスケージュールで夫婦生活の日程が決まる。それは平日、休日も関係なくつづきます。

 

出張があるかたはそのスケジュールもそれによって大きく影響してくるかもしれません。

 

それを逃すと次の1ヶ月の妊娠は期待できなくなってしまうから。

 

その間にも、特に女性は婦人科に通う事になります。

 

妊活、特に不妊治療は大変なことも多いと思いますが、夫婦でお互い励ましながら妊活を乗り越える事ができるといいですね。